スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
『麦の穂をゆらす風』
麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション

☆ ☆ ☆★ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

ケン・ローチはイギリス人であり、アイルランド人ではない。
例えば日本人監督が、日本人が占領していった国々を舞台にした映画を
日本を美化せずに撮れる?
中国人を主人公にした、虐殺の映画を撮れる?
撮れないと思う…。
映画には関係ないかもしれないけど、このことが驚いたというより、凄い。

2006年のカンヌ映画祭パルムドール受賞作。
こういう映画が賞を獲って、宣伝にもなって、多くの国に配給されて、
沢山の人がこの映画を観ることが出来る。
これがまたすごいことだと思う。
簡単にオススメは出来ないけど、沢山の人に観て欲しい。

ケン・ローチは『やさしくキスをして』、『明日へのチケット』しか観たことなくて、
どっちの作品も好きだけど、社会派なんて呼ばれるくらいだから、
こういう映画が彼の一番の得意とするところなのかもしれない。
でも、もっとちょっと肩の力を抜いたシーンが欲しかったと思う。
残虐なシーンはあまりないけれど、途中息が詰まるような感じがして…。
だからアイリッシュ・トラッドで躍るシーンや、ラブシーンがすごくキレイで、
良かったから、そういうシーンがもっともっと観たかった。
そしてアイルランドの風景と、その中を女性が自転車に乗ってくるシーンは
一番好きなシーン。本当に美しいシーンです。

身につまされるような気持ちになる映画だけど、考えさせられる。
21世紀になった今も、この映画と同じようなことが世界中で繰り返されている。
戦争が愚かなことだと分かっているのに…。
そして平和な国に生まれたことを本当に感謝しないといけないと思う。
スポンサーサイト
2008/02/15(Fri) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(1) | コメント(6) | page top↑
『リトル・ミス・サンシャイン』
リトル・ミス・サンシャイン

☆ ☆ ☆★ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

好きだぁ~、こういう映画。
ああでもない、こうでもないとレンタル店で悩み抜いて決めた、新年第1作目。
間違いなかった。気持ちの良い、元気になれる映画。
ヘンテコな黄色い(でもカワイイ)車に、気持ちいいぐらいバラバラな家族が乗り込み、
進んでいくロード・ムービー。
車が故障して、みんなでいちいち押し掛けするのを見るのも楽しかった。
脚本が良くて、俳優が良くて、だからセリフがすごく良くて、監督さんは楽だったかな?
いや、でもこれをまとめあげたんだから、注目したい監督さんです。(夫婦でやってます)
旅の途中に、つらいことや、悲しいことがあって、でもみんなが足を止めないで
突き進んで行く。だから観ていて気持ちが良かった。
後半のミス・コンのシーンはなくても良かったんじゃないかな、って思う。
それくらい旅のシーンが良かったから。
家族だからこそ、歪みや捻れが分かりにくいし、気づかないのかもしれませんね。
何かのきっかけで、ベクトルの方向が一緒になるのって、あるようでないことかも…。
ラストは観ていて、なんか羨ましかった。だからこの映画に共感出来るのかな?
最近思うのは、ミニシアター系のアメリカ映画がすごく面白いような気がする。
ミニ・シアターと言えば、ヨーロッパっていうイメージがあったけど、ちょっと変わってきた。
ヨーロッパ映画、ちょっと元気ない?観てないだけか…。
今年は、観る本数は減ってもハリウッド系、ミニシアター系、日本映画とバランス良く
観たいなぁ~、などと思っているのです。
2008/01/22(Tue) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(1) | コメント(10) | page top↑
『奇人たちの晩餐会』
奇人たちの晩餐会 リマスター版
監督:フランシス・ヴェベール
出演:ジャック・ヴィルレ、ティエリー・レルミット、カトリーヌ・フロ

<あらすじ(映画生活 より)>
毎週水曜日、編集者のピエールの家では友人たちと「奇人たちの晩餐会」なるものが開催されている。メンバーは、必ず一人、奇人を連れてきて、その“奇人っぷり”を競うというもの。今回ピエールが用意したフランソワは、普段は大蔵省の会計係として働き、妻に頭のあがらない恐妻家。しかし、彼には誰にも知られていない恐るべき一面があったのだ…!

☆ ☆ ☆ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

<感想(ネタばれ 有り)>
学生時代、ちょっと関西にすんでいたのですが、
関西人は「バカ」という言葉にとても敏感だったような気がします。

[Read more]
2007/10/28(Sun) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
『息子のまなざし』
TBD-1094.jpg
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ
出演:オリヴィエ・グルメ、モルガン・マリンヌ、イザベラ・スパール

<あらすじ(映画生活 より)>
職業訓練所で更生中の少年たちに木工仕事を教えているオリヴィエ。ある日、その訓練所にフランシスという少年が入所してくる。人数が足りていると一度は断ったオリヴィエだが、なぜか少年のことが気になり、翌日、自分のクラスに受け入れる。オリヴィエには再婚も決まった、前妻マガリがいた。マガリを訪ねたオリヴィエが少年のことを告げると、彼女は激しく動揺する。少年は幼い息子を殺した相手だったのだ…。

☆ ☆ ☆★ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

<感想(ネタばれ 有り)>
監督は『ロゼッタ』、『イゴールの約束』のダルデンヌ兄弟。

自分の息子を殺した人間を受け入れることが出来るでしょうか?
例え5年経とうが、10年経とうが、自分には多分出来ないと思います。

[Read more]
2007/10/01(Mon) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
『メリンダとメリンダ』
メリンダとメリンダ
監督:ウディ・アレン
出演:ラダ・ミッチェル、クロエ・セヴィニー、ジョニー・リー・ミラー

<あらすじ(映画生活 より)>
マンハッタンの劇作家たちが、思いつきで描き始めた2種類のラブ・ストーリー。不倫を経験したメリンダは、同じアパートに住む映画監督のスーザンと、その夫で売れない俳優のボビーの2人が催すパーティーに参加。スーザンらはそこに出席しているリッチマンに新作の資金調達をしようと躍起になっていた。それを尻目にメリンダはひとりのピアニストに恋をしてしまう。やがてメリンダは、高校時代の友だち、ローレルの家に辿り着く…。

☆ ☆ ☆★ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

<感想(ネタばれ 有り)>
最近、ウディ・アレンが好きです。以前より、好きかもしれません。

[Read more]
2007/09/23(Sun) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
『リード・マイ・リップス』
リード・マイ・リップス
監督:ジャック・オーディアール
出演:ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ドゥヴォス、オリヴィエ・グルメ

<あらすじ(映画生活 より)>
土地開発会社に勤めるカルラは、35歳の独身。耳が不自由で普段は補聴器をつけている。同僚たちは影でカルラをからかっているが、彼女は唇の動きからすべてを読み取っていた。ある日カルラは、ストレスから眩暈を起こし、社長命令でアシスタントを募集する。雇い入れたのは、刑務所から出たばかりのポール。どこか危なげなポールに興味を抱くカルラ。やがて2人は、お互いを強く意識し始める。その頃ポールは、大金を手にするため、カルラの読唇術を利用しようとしていた。

☆ ☆ ☆★ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

<感想(ネタばれ 有り)>
エロティチズムな空気が漂う映画。久々に、こんな映画を観た気がします。

「難聴の女、刑務所から出所したばかりの男」、「犯罪、利用する、愛する、逃げる」
こんなキーワードだけでも映画ファンとしては、期待してしまいます。

[Read more]
2007/09/17(Mon) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
『ミリオンズ』
ミリオンズ スペシャル・エディション
監督:ダニー・ボイル
出演:アレックス・エテル、ルイス・オーウェン・マクギボン、ジェームズ・ネスビット

<あらすじ(映画生活 より)>
8歳のダミアンは信心深い男の子。現実主義者の10歳の兄アンソニーとの2人兄弟だ。母を亡くした彼らは、父と共に新しい街に引っ越すことに。引っ越しで使った段ボールで線路近くに秘密基地を作ったダミアン。その中にいると突然大きなスポーツバッグが降ってきた!! 中には大量のお札が!! しかしイギリスの紙幣はユーロに変わる目前。ポンド札は、数日後には紙くず同然。早速、兄のアンソニーはお金を使い放題し始める。一方、ダミアンはこの大金を、貧しい人に与えるための神様からの贈り物だと思う。

☆★ (5点満点 ☆=1,★=0.5)

<感想(ネタばれ 有り)>
ハッキリ、キッパリと言ってしまうと「おもしろくない…」。

ミニシアター、単館系で子供が主役とくれば、
自分にとってはヨダレが出そうなほどで、期待してしまいますが、
ちょっとガッカリです。

☆★っていうと、「そこまでか?」と言われそうですが、
期待と失望の落差が激しくて、つい感情的になってしまいました。

[Read more]
2007/09/06(Thu) | 映画の感想(DVD) | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。